有光玄卿

ギャラリー

※明るさ・コントラストを調整しています

 

個展『一歩~IPPO~』貫拡大する

個展『一歩~IPPO~』貫

満足することなく進む道に終点はない。 一歩が一歩で終わらぬよう、信念を貫いていく。

個展『一歩~IPPO~』あり続ける拡大する

個展『一歩~IPPO~』あり続ける

こうありたいと思うだけでなく、実現し継続する。 せっかく踏み出した一歩。 一過性ではなくあり続けることを心する。

個展『一歩~IPPO~』挑 未来を創る拡大する

個展『一歩~IPPO~』挑 未来を創る

未来は自分で創るもの。 まだ起こってもいないことに憂慮せず挑まなければ、未来はただ偶然の産物にしかならない。

個展『一歩~IPPO~』言不順則事不成拡大する

個展『一歩~IPPO~』言不順則事不成

げんしたがわざれば すなわちことならず 言葉の通り順当に実行されなければ、万事は何一つ成り立たない。

個展『一歩~IPPO~』驀直去拡大する

個展『一歩~IPPO~』驀直去

まくじきこ まっしぐらに行け。 恐れることなく、突き進めば、おのずと明るい未来が開ける。

個展『一歩~IPPO~』脱皮拡大する

個展『一歩~IPPO~』脱皮

一歩踏み出すたびに、ひと皮剥けて成長する。 その激しさは、たとえ1ミリの一歩でも爽快感さえ覚える。

個展『一歩~IPPO~』 解拡大する

個展『一歩~IPPO~』 解

いつの間にか知らぬ間に自分でかけたストッパーを自ら外し解放する。 一歩を踏み出す勇気と決意が生まれるはず。

個展『一歩~IPPO~』start拡大する

個展『一歩~IPPO~』start

一歩を踏み出す時、スタート。 前に進む中で、何度もその瞬間は訪れる。 スタートを繰り返し成長していくのだ。

個展『一歩~IPPO~』一歩 無限の可能性へ拡大する

個展『一歩~IPPO~』一歩 無限の可能性へ

この個展のテーマ。 決意して、一歩踏み出すことで無限の可能性が広がる。 歩幅は関係ない、勇気をもって足を前に出すことが大事

個展『一歩~IPPO~』、は最短の一である拡大する

個展『一歩~IPPO~』、は最短の一である

点は最短の線である 点も線も、始(起)筆・送筆・終(収)筆で構成される。 その長さとは無関係に同じ線。 一歩も同じ。

個展『一歩~IPPO~』遊於芸拡大する

個展『一歩~IPPO~』遊於芸

芸に遊ぶ 六芸(礼・楽・射・御・書・数)を学び味わいを楽しむ 焦らず、ゆっくりとした心持で学ぶことも必要。

個展『一歩~IPPO~』温故知新(陶器コラボ)拡大する

個展『一歩~IPPO~』温故知新(陶器コラボ)

古きよきものが基礎となり、熟練することにより、新しいものが生まれる。 常に基礎に立ち返りながら、一歩を踏出していきたい。